外反母趾の改善

外反母趾は痛みや変形をともなう、非常につらい症状です。
悪化すると日常生活にも支障をきたすので、早めに改善していきたいものです。
外反母趾を改善・予防するには、日頃からトレーニングをすることが大切となります。
足指はもちろん、足そのものの機能を向上させるトレーニングをつづけることで症状の改善や予防をすることができます。
トレーニングはいろいろなものがありますが、ポイントは足の指をよく動かすということです。
素足のまま足を前に投げ出した状態で座って、左右の足でじゃんけんをするというトレーニングは特に有効です。
すべての指に力を入れるのがコツで、ぎゅっとにぎるのがグー、親指だけ上げてほかは丸めるのがチョキ、全部のゆびをぱっと広げるのがパーです。
足指を鍛えられるトレーニングなので、取り入れてみるといいでしょう。

もしも、外反母趾になってしまったら、初期段階であればサポーターの装着が有効だと言われています。
専用のサポーターをつけることで足指の手前に位置する中足関節を固定・補強できるので、足指がつかいやすくなります。
指をつかって踏ん張れることから、正しい姿勢で歩けるようになるというメリットもあります。
ただし、素人判断でまちがった方法をつづけると症状が悪化することもあるので、きちんと医師の診断を受ける必要があります。
このサイトでは外反母趾の治療方法や予防方法について紹介しています。
治療の参考にして、外反母趾を改善・予防していきましょう。


[Special Site]
外反母趾を改善・予防する方法を解説している情報サイトです > 外反母趾 改善